2008年8月 2日 (土)

浦沢プルートゥと実相寺ウルトラマン

「ウルトラマンを子ども達の敵にしちゃ駄目だよ。」この一言で実相寺監督の手によるウルトラマン・ザ・ムービーの構想(スポンサー、大人の事情による事も大きい)が実現しなかった。
自然破壊や戦争をくりかえし、人間の都合だけで異星人や怪獣を殺す。あげくに自らの未来までも破壊していく人類に「次は私が地球人(人類)の敵になるかもしれない。」とウルトラマンに言わせるところまで考えていたらしい。メッセージ色が強い実相寺版ウルトラマンを見ることが出来なかったのが残念だ。明確なビジョンを持つ実相寺監督は演技力を役者に委ねていても5ミリの立ち位置のズレも許さなかった人物だった。そんな芸術的で絵画のような新作はもう無い。

先日出たばかりの浦沢直樹氏プルートゥの6巻を購入した。苦悩するロボット達、それを利用する人間、さらに上で暗躍する謎の頭脳(電算機)物語の確信へと近づいている。
雑誌では最終章への突入らしき事も書かれていたが、かつて太陽系の惑星だった冥王星にちなんで9巻で終わりなのか。
現時点でのプルートゥはその後の人類にとって非常に暗い影を落とす展開だ。
かつて手塚治虫氏の作品「アトムの最後」を思い出さずにはいられない。手塚氏曰く「世間ではウチゲバ革命運動盛んで社会が暗かった頃のとっても嫌な作品」と語っている。内容はアトムが活躍していた頃より50年後。そこは人類にとって最も恐ろしい未来だ。それでもアトムはまだ人間の希望だったというお話。理不尽な事、人種差別や戦争を心底憎む手塚氏のダークな部分が色濃くでている。「このままじゃいけない、こんな未来じゃ駄目なんだ。」というメッセージがつよい。
浦沢氏のプルートゥにもそんなダークな未来を予感させる部分がある。ちりばめられたキーワードに一つだけじゃない未来への複線。きっと希望へとつながる扉も隠されていると信じたい。
浦沢氏のプルートゥや実相寺版ウルトラマンの根底にあるものが手塚氏とかわらない魂の叫びじゃないかと感じる。

三人の中で今現在表現の自由を与えられているのは浦沢氏だけだ。実相寺監督の役者の立ち位置を気にすることも無く、少しは有るかもしれない大人の事情もはね除けて、漫画界の巨人への挑戦を苦悩しながらも浦沢ワールド、浦沢アトムを完成へ近づけて頂きたい。それが先人達への敬意と後を継ぐもの達の使命だとすれば。
6巻の巻末に山田五郎氏の後書きは唯一希望の文章だ。「こどもの頃に思い描いた未来を取り戻そうじゃないか。」それは私たちの生きる厳しい現実の中年世代層にちょっとだけ光を与えてくれている。

今、手塚治虫という漫画界の巨人が浦沢プルートゥを読んだとしたら、きっとこんな(理不尽な?)ことを言うんじゃないかと思う。
「アトムをこどもの敵、人類の敵にしちゃぁだめじゃないか。浦沢君、きみのプルートゥは漫画とは言えない!。・・・でもね、ぼくの時代には描けなかったんだ、悔しいよ!、うらやましいんだ浦沢君のことが。」

2007年6月 2日 (土)

ちせんぼん

Tisen
「だからさぁ、知誕にきつい書き込みがあってさ!」(マニアってこまったちゃん多いよね)「だからさー!、そう言うんじゃ無くってさぁ、モラルって言うかさぁ。」(マニアでしょ?)「マニアって事じゃなくてさぁ!、こまったもんだよマニアには。」問答にもならない会話をぐだぐだと「そもさん、せっぱ」している友達の杉村くんの本が販売開始されました。


つねづね私んちへやって来ては、だらだらと雑学を花バケツのなかへ垂れ流しては、鬱積した気分を晴らしては帰る日々がつづいておりました。たまったバケツの雑学がすっげー本になっちゃいました。今回で3作目となる静岡県の雑学「知泉」的しずおかは、全国規模の内容です。(どこが静岡じゃ)
それでは、全国の本屋さんで注文いたしましょー!
あっ!うちのお店でも買えるんだった。