« 2013年8月 | トップページ

2015年2月

2015年2月25日 (水)

自分の為の花。そういえば只の一度も挿した事無いなぁ。
常に誰かの為、その意味では自分のエゴの塊をお客さんに押し付けている事になっているのかも。完成した瞬間が評価の時(一番怖い瞬間)。で、自分のお金で自分の為に作品を楽しんで作った事が無いって思ったワケです。

思い出なのか幻なのか(多分実話)、自分が小学5年生の頃、毎日暗くなるまで通っていた小学校の遊具で遊んでいた。終礼の鳴り終わった後、こっそりと忍び込んで独占遊具で遊び倒した。何時の頃からか何となく一緒に遊ぶ様になった近所の女の子が側に居るようになった。確か1学年下で中島早貴似の可愛い娘。ジャングルジムから雲梯に目まぐるしく動き回る活発な女の子だった。
夕焼けが消え黄昏て月と宵の明星が出るまで遊び続けていた。苗字はわかってるけど名前は思い出せない。遅くなると家まで送って行ったりもした。その娘はお母さんに怒られて、送って行った私はお礼を言われる事が多かった。毎回その娘に申し訳無かったけど一日の終わりに心地いい気分で家に帰ると当然自分も怒られた。玄関を閉められていた事も有った。そんな楽しい日々がずっと続くだろうと信じていた。

いつの間にか待ち合わせの場所になっていたプール前のジャングルジム。何週間かたったその日、何時もの時間に普通にあの娘が居る。と、その日はもう一人別の女の子が立っていた。
見たことも無いその女の子からジロジロと見られる自分。ふぅ〜ん!って感じでしばらく沈黙。すると唐突に「今度の休みにどっか行く?」って初対面で言われた。半ば強引に出かける事になったんだけど小学五年生の知恵では、そのどっか?がわからない。

そして次の土曜日半ドンの日。二人の女の子を連れて、小坊が無い知恵を振り絞ってズルズルと歩きまわった末にたどり着いた先が駄菓子屋でも喫茶店でも無く、以前一度だけ行った御食事処。暖簾をくぐり席に着くと机に出されたコップの水がゆれていた。会話も少なくジュースを飲んで、玉子丼食ってハイ終わりみたいな非情に虚しく無駄な時間を過ごした感じの居た堪れなさだけがその場に有った。

そんな事が有った後、間に入って来た友達の女子のパーテーションが異常に高い山の様に見えてきた。自分の中で面倒くささが大きくなって次第にジャングルジムから遠去かり、いつの間にかその娘と自然消滅的に会わなくなっていった。

あれから6年が経っていた。高校帰りのバスでの事。一番奥の座席から○大付属高校の制服を着た4人組のワイワイ騒がしい女子の声がする。座る席を探しながら声に近づいて行くとその中に見覚えのある娘が居た。

あの子だ! あの頃とすっかり変わって美人さんに成長したその娘と少し目が合った。気付かないフリして4つ程前の席に座る。外を眺めていても後ろからの声が気になり少し落ち着かない。そんな時、聞き覚えのある声が耳に入って来た。「私ね、いま大学生に誘われて居るんだ。どーしようか迷っている!。」何ですと?思わず前の席のオバちゃんのパーマ頭をガン見!。
一緒に居た友達女子も初耳だったのか「え〜、いいじゃ、いいじゃん!付き合っちゃえば!カッコイイの〜?」なんて会話。全然関係無いんだもんねと自分に言い聞かせながら聞き耳をたてた。「どぉしよ〜かなぁ?思い切って付き合ってみようかなぁ〜。」とあの娘の声。ピキッ!、こめかみの血管が浮き出てくる感覚がメキメキと。背後から意表を突かれ、撃ち放たれた「私ってモテるのよ」光線銃に全身がビリビリと痺れまくる放心状態の哀れな自分をバスの天井に浮遊するもう一人の自分が見ていた。

女子のいや〜な部分をバスの閉鎖的空間でたっぷりと味わった自分は居た堪れずに最寄りの停留所の一つ手前でブザーを押してしまった。兎に角息をしたい、空気を思いっきり吸い込みたい一心だった。

転げ落ちる様にバスから逃げ出した。ぶつかりそうな勢いで目の前に飛び込んで来た停留所の名前に愕然とする。「○○小学校前」そこはあの頃に暗くなるまで遊んだジャングルジムの有る小学校の正門前だった。

トボトボと歩く自分の影が夕日で長く伸びている。見上げればキラキラ輝く宵の明星が西の空に浮かんでいた。(マジ本当の話)

そんな事を思い出しながら、こんな塩っぱい、こんなに酸っぱい感情を作品に出来ないもんかなぁ〜と漠然と考えている。勿論作品は経験だけが形になる物では無い事はわかってるけど。

映像として作品を作ったり、歌として作品に残したり仕事として作業して居る友達を見ていると、とんでもなく大変で地味な作業である事がズンズン伝わって来る。
自分がどれだけ甘ちゃんで、自分の為にだけ作品を作り写真に収めるなんて余りにも贅沢。

わかってる!わかってるけどやって見たい事。
ジャングルジムを模った花器を花でいっぱいにしたい!そして完成した作品と月と宵の明星を同時に写真に収める!
そんな事をただ漠然と考えている今日この頃。
何かを残しておきたいなどと考えるのは歳くって来た証拠なのかなぁ〜。

« 2013年8月 | トップページ